connexcoffee
 

>

>

抽出温度と時間による変化

​コーヒーは淹れ方次第で全然違う味わいになります。ちょっとしたことを変えて飲み比べてみてはいかがでしょうか?

step 1

抽出温度

抽出温度はコーヒーを淹れる時の重要な目安になります。

温度が高ければお湯に溶け出すコーヒーの成分が多くなり、主に苦みや雑味が出やすくなってきます。

温度が低ければ主に酸味を感じやすくなりますが、コーヒーが薄くなってきます。

深煎りの場合は低め、浅煎りの場合は高めの温度でコーヒーを淹れるとバランスが良くなります。

抽出時の温度は人それぞれの意見や好みもあるので正確には言えませんが、およそ86℃~90℃前後が適切な湯温になります。

お湯を一度沸騰させて2~3分おく、もしくは沸騰したお湯を別の容器に移すと大体90℃くらいまで冷めるので、温度計がない場合はこの工程を増やすだけで驚くほど味わいが変わるので是非お試しください。

使用する水は水道水でも構いませんが、浄水がベター。 カルキ臭が気になる場合は水を沸騰させると和らぎます。

step 2

​抽出時間

抽出時間は使用する器具によって大きく左右されますが、器具と挽き目とバランスを考慮して調節してみましょう。

抽出時間が長いほどコーヒー粉がお湯に触れている時間が長くなるので、成分が多く抽出されますが、長すぎると苦みや雑味の成分が出てきます。

抽出が早いと酸味よりのスッキリとしたコーヒーになりますが、早すぎると薄く感じてしまいます。

ペーパードリップの場合、一つ穴のメリタのようにいつも似た抽出時間で安定させたり、円錐形のHARIOのように抽出時間を調節できるドリッパーもあるので、好みに応じて選んでみると良いでしょう。

​HARIOのドリッパーを使用した淹れ方は → how to brew を参考にしてみてください。

​焙煎

​挽き目

​抽出温度

​抽出時間

​酸味

​浅い

​荒い

​低い

早い

​苦味

​深い

​細かい

高い

​遅い